書いてる人
直近の記事
LINKS

まめちー鉄拳ブログ

"鉄拳初心者"を"鉄拳中級者"にするのが目的のブログです。
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

【鉄拳初心者講座】キャラ多っ!技多っ!まずはどうしたらいいの?〜技編 
(鉄拳初心者講座 ; comments(0) ; -)
自分の使用するキャラクターの決まった皆さん、サッカーで言えばみなさんは今「お店でスパイクを買った」という状態です。これからこのスパイクを履き、足になじませ、ボールの蹴り方を覚えて行きましょう。
(なお、私はサッカーのことは全然詳しくないのでこの比喩は適当です)

まだキャラクターが決まってないという皆さん!もう一度アドバイスを書きますよ。
・キャラ選びはフィーリングが命!技やルックスがカッコイイ・使いやすい気がする・おっぱいがデカい 選び方はこんなんでよし 愛が大事
・キャラクターはひとつに絞る!鞍替えするならお早めに!

よろしいでしょうか?ところで飛鳥とカタリーナってどっちの方がおっぱいデカいの??



キャラクターを決めたらまずやるべきこと。それは、すべての技を出してみるということです。
すべての技を出していく中で、入力が難しい技発生が早くて使いやすい技発生が遅いけど当たると強そうな技、このあたりを適当に感じ取りましょう。

入力が難しい技は、普通に「強力な出しとけ技」であることが多いです。(もちろん、出しとけ技にも対策は存在しますよ)出来る限り、出せね〜!という技はなくしましょう!練習あるのみです
レバー入力が難しい強力技は、後日まとめますので、練習すべき技なのかどうかはその記事で確認してください。

すべての技を出してみるの具体的な方法ですが、まずは練習環境を得ることが大切です。
家庭でもゲーセンでも鉄拳をプレイできるのが一番理想ですが、家庭で準備するのが難しい方は、ゲームセンターの鉄拳7で「練習モード」をやるしかありません。→公式詳細
練習モードは、1プレイで最初5分・継続7分、木偶を相手にコマンドやコンボの練習ができるというものです。
時間に追われながらのプレイとなるので、やはりじっくり家庭でできる練習環境が欲しいところですね。

次回、このカテゴリですべての技を出してみるの具体的な方法を記載します。



JUGEMテーマ:鉄拳7


【鉄拳初心者講座】キャラ多っ!技多っ!まずはどうしたらいいの?〜キャラクター編〜
(鉄拳初心者講座 ; comments(0) ; -)
おひさしブリティッシュエッジコンボ!またもや二ヶ月放置してしまいました・・・
なんだか思ったよりアクセス数があるみたいで、こりゃサボってられんわと、ちょっと気を引き締めました。


鉄拳初心者の皆さん、自分のキャラクターは決まりましたか?
断言しても良いですが、最初は使用キャラはできるだけ絞ったほうが良いです。
キャラ選びの段階で色々お試しするのは良いですが、「絞るために選択している」というのをお忘れなく。

初心者が何故使用キャラを絞ったほうが良いのか?
鉄拳は、とにかく1キャラあたりの技が多いです。1キャラ大体100くらい技があります。
そしてそのそれぞれの技には、コマンド・ダメージ・判定・発生フレーム・ガードフレーム・ヒットフレーム・やられ・カウンターヒットならどうなるか…など、多くの情報がくっついているのです。

皆さんの分身となるキャラクターの動き。これを皆さん自信の心身に浸透させなければ、話は進みません。
「思い通りに動かす」ということができて初めて、「読み合い」というステージに立つことができます。
技数のクソ多いこのゲームにおいて、ルーキーの方がいろんなキャラの使い方を同時進行で習得しようとするのは、非常に効率が悪いと思います。

カンの良い方は、もしかしたらこんな疑問を抱いたかもしれません。
「え?でも他キャラと対戦するときに、その他キャラのことも知っといたほうが良くない?」という疑問。
それは大正解です。知っといたほうが良い。ただし、初心者が中級者になるという目的においては、やはり使用キャラは絞りましょう。
キャラ対策は、対策すべきポイントを抑えることが何より重要です。
そのポイントについては、僕がこれからこのブログで書いていきますので、ご心配なく。
まずは、"自キャラの全て"について理解を深めながらゲームをプレイしましょう。"他キャラの全て"を理解しようとすることは、中級者から上級者へという目的において行えばよいことなのです。

〇藩僖ャラを1体に絞り、その使い方を覚える。
他キャラの、絞られた対策ポイントを抑える。
B哨ャラの対策精度を高める

この流れを踏みましょう。
この,鮃垢忘拱化した記事を、次回このカテゴリで記載します。



JUGEMテーマ:鉄拳7


【鉄拳初心者講座】キャラ多っ!技多っ!まずはどうしたらいいの?〜キャラクター編◆
(鉄拳初心者講座 ; comments(0) ; -)
前記事から2か月近く放置してしまった…スミマセン。
キャラクターの選び方のヒント、いってみましょう!

・・・と思っていたんですが、有名鉄拳プレイヤー ユウ氏が自身のブログに
僕がわざわざブログを書く必要がないと言えるほど優秀な記事を記載しています。
鉄拳7をプレイする初心者に伝えたい3つの事
鉄拳7 初心者は何から始めるべきか?(キャラ選び編)

一部引用しますと
始めは「好きなキャラ」を選びましょう。可愛くて好き、エロくて好き、イケメンで好き、格闘スタイルが好き、
ストーリー設定が好き、
などなんでもいいと思います。
正直なところ、初級者がある程度上達するまでの間に「キャラ差」が発生するような事案はありません。


この一文にすべてが詰まっています。深く考えず、好きなキャラクターを始めるのが正解だし、私もそれをオススメします。
鉄拳は他の格ゲーに比べキャラ相性というものが少なく、中級者以上になるまでの間はキャラ差には悩みません。
自分と相手がどのキャラを使っても、十分にまともな試合となるのです。
「どうしても勝てない!」というとき、大抵それはキャラクターではなく、あなた自身に問題があります。
ちなみに私は現在スティーブとドラグノフをメインにしていますが、鉄拳を始めた時は風間仁を使っていました。
理由は「カードの柄が仁だったから」です。テキトーですよね。

実は、鉄拳TAG2以前の作品では、1キャラ1カード必要だったのです。たくさんキャラクターを使う人は、
遊戯王のデッキぐらいの厚さをしたカードの束を持って、ゲーセンに来ていました。
そんでどのカードにどのキャラが入っているのかわからなくなって「あれ?アンナはどのカードだ?」という風に 
挿入→キャンセル→挿入→キャンセル...と繰り返している人も少なくありませんでした。

そんなわけで初めて鉄拳のカードを作ろうとしていた私は「仁の柄なのに仁以外が入っている」ということになるのが気持ち悪く、
深い考えもなく仁使いとなったのです。仁をメインにゲームセンターに出向き、家で練習したコンボを延々とやっていました。


昔話はさておき、「いや、そうは言っても好きなやつとかわかんないんだけど・・・」という諸兄のために、
前述のブログの中でユウ氏がいくつかキャラクターをピックアップしていますね。

1.カタリーナ・アウヴェス
2.クラウディオ・セラフィーノ
3.セルゲイ・ドラグノフ
4.風間飛鳥


この4キャラには共通点があります。
まず一つは「複雑なレバー操作がなくても闘える」ということです。
初心者がつまづきやすい風神ステップ(6☆236)やスライディングステップ(しゃがみ中323)をしなくても十分に戦えるのです。
そしてもう一つ、「"構え"を多用しない」ということです。
ファランやシャオユウに代表される『構えキャラ』を使うことについて、初心者の方はなんとなく「複雑そう・・・」と感じるでしょうし(実際はそんなことないのですが)、操作に慣れない内は「試合中に急に構えになっちゃって戻せなくなってしまった!」という経験をするかもしれません。
そんなことで、この4キャラは「どうしたらいいかわかんない、とにかく強いのがいい」というアナタにとてもオススメできます。

では一応、「鉄拳初心者講座」をうたってこのブログを書いている私も挙げとかないと看板倒れになってしまうので、私の考える初心者オススメキャラも書きます。

1.マーシャル・ロウ


切り込んでいくための優秀な中段技を多く持ち、ガードを固める相手への崩し要素もそろっている→攻撃が優秀
相手の技をガードした時の反撃、相手に攻め込まれた時の切り替えしがそろっている→守備が優秀
スライディングステップからの二択やチャージドラゴンへの移行からの攻めなど、複雑なこともできる→やりこみがいがある
一度浮かせば高ダメージのコンボ。立ち合いでは小さい二択も大きい二択も可能。
終始こちらのペースを維持するマーシャルアーツ、能動的にやっていきたい方にオススメ。

2.風間飛鳥


ユウ氏とかぶりますが、やはり優秀ですこのキャラ。
中〜遠距離で相手が技をスカったら、全キャラ中最強のスカ確技 鬼殺し(6RP)からお手軽コンボ→中〜遠距離が優秀
鬼殺し(6RP)を恐れる相手が一気に攻め込んで来たら、全キャラ中最強の暴れ技 竜車蹴り(4LK)からお手軽コンボ→近距離が優秀
中途半端な距離でごにょごにょするしかなくなった相手を、無理しない程度で削っていく。
守り重視で相手の攻めを無効化し、相手の力を利用することで威力を発揮する風間流古武術。受動的にやっていきたい方にオススメ。


この2キャラの共通点は、家庭用で練習できるという点です。
家庭用最新作鉄拳レボリューション並びに前作鉄拳タッグトーナメント2の家庭用ソフトにおいて、この両キャラともに使用可能です。
「ある程度練習してからゲーセンへ・・・!」派にもピッタリ。

次回、このカテゴリで「で、キャラクターを選んだら?」を書きます。
遅筆でスミマセン。


 
JUGEMテーマ:鉄拳7
【鉄拳初心者講座】キャラ多っ!技多っ!まずはどうしたらいいの?〜キャラクター編 
(鉄拳初心者講座 ; comments(0) ; -)
2015年3月末現在、鉄拳7が絶賛稼働中です。

稼働当初から20人のキャラクターがおり、更に後日いくらかのキャラクターが追加されると言われています。
アーケードでの稼働後に、時間差でキャラクターが追加されていくことをタイムリリースと言い、鉄拳7ではあと10人程度のタイムリリースキャラが出て、総勢30人くらいのキャラクター数になるというウワサがあります。個人的にはもっと追加されてほしいと思っていますが

鉄拳と肩を並べている(と言えるかどうか)3D格闘ゲームといえば、セガのバーチャファイターが有名です。その最新作「バーチャファイター5 ファイナルショーダウン」のキャラクター数は19人ということですから、やはり鉄拳のキャラクター数はゲームカテゴリで見ても多めだと言えるでしょう。

しかし、この30人という数字ですら、実はかなり減った数字と言えるのです。
近年のシリーズ作品(アーケード使用キャラに限る)と比較してみましょう。



そう、シリーズを重ねるごとにほとんどのキャラが削除されることなく、どんどん増えていくという事態になっていたのです。キャラ対策はおろか、自分の持ちキャラの選択すらやりおおせない数ですよね。
プレイヤーによっては、一度も操作したことのないキャラクターがいるままに次作の稼動日となってしまうということもザラなのです。

今までは、稼働当初から前述のキャラ数が居て、そこから始めたプレイヤーにとってはまさに「わからん殺しの嵐」であったことだと思います。
今作鉄拳7のタイムリリースというシステムは、シリーズでは鉄拳5の三島平八以来、実に10年ぶりのことです。
このシステムでは、往年のプレイヤーにとっては「待ち遠しさ」「誰が出るのか!?というドキドキ」を喚起せしめると共に、これから始める初心者にとっては
・初期キャラ数の減少
・キャラクター追加が時間差で行われる
という二つのポイントが、"知識を積み、少しずつキャラクター対策ができる"という絶好の機会になります。
この機会を逃すのはもったいないでしょう。

その他にも、鉄拳7では初心者に取っ付き易くなったシステム変更点が多くあります。
ぜひ今作から鉄拳という世界に足を踏み入れてみましょう。

次回、このカテゴリで「キャラクターの選び方のヒント」を書きます。



 
JUGEMテーマ:鉄拳7